温感化粧品とは

日本には、昔から温泉に浸かって病を治す湯治があります。
温泉に浸かり美味しい食事を召し上がれば、日頃のストレスが癒せます。
お肌もツルツルやプルプルになったなど変化が現れ、お肌に磨きがかかったと喜ばれます。

この現象は、お肌に対してお湯の温度が関係し、温泉成分ミネラルの浸透によるものです。
お肌と体温上昇による影響は、2016年ノーべル賞受賞した東京工業大学の大隅教授 「オートファジー応用の可能性」が解明されています。

オートファジーは、皆さんの体内にあるヒートショックプロティンによってなせる業であり、新たな物質の発見ではなく、既に皆さんの体内に存在するタンパク質の応用です。

ヒートショックプロティンの活躍でさらに、お肌がツルツルやプルプルになるのです。
お湯で温まるとお肌は柔らかくなり、浸透しやすい最高な環境になるのです。
湯船に浸からずシャワーだけで入浴を済ましてしまう人には、簡単にお肌を温め保湿する温感化粧品がお勧めとなるのです。